LIFT OUR VOICES and SING

GOSPEL CHOIR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 
調布市にあるKick Back Cafeで開催された「Gospel Fest DX」
 
「DX」という名にふさわしい特別ゲストは、ゴスペル界の大御所Andrae Crouchです!!

先日、残念ながらこの世を去ったMichael Jackson。
亡くなる数日前に、Andraeを呼んで一緒に祈りの時間を持った・・というニュースを耳にした方も多いのでは。
Michaelのお別れのセレモニーの音楽監督も彼だったそうですね。

 
10/12。3連休の最終日に新宿シャローム教会で行われたGary Hines のWSに参加してきました。
Garyと言えば、過去にグラミー賞・ステラ賞を受賞している、40年以上の活動暦を持つ「Sounds Of Blackness」のディレクター。

今回のWSは1部・GOSPEL/2部・SPIRITUAL と分かれていました。
残念ながら1部のみの参加でしたが、その様子を皆さんにお伝えしようと思います!

 
シルバーウィークが明けたばかりの、9月24日。
羽村駅にほどなく近い”Good Shepherd Church Of God In Christ ”
横田基地の方々の主催で、Tramaine Hawkinsのミニコンサートが行われました。

2年前のTramaineのWS参加者と、先日の東京で行われたWS参加者が
クワイアとしてステージに立ちます。
私たちのディレクターである黒田先生夫妻をはじめ、ファミリークワイアのMGC、
RiUのメンバーもステージに。各パート5~6名ずつの20名前後です。

コンサートは18:00開場。
1時間くらい早めに羽村駅に到着。
教会へ向って歩き出し、信号待ちをしていると「Changed...Changed...」と
聴き覚えのあるフレーズが...その曲に導かれるように、教会へ。
(お陰で、迷わずにたどり着けました(笑))

 
今年のシルバーウィーク。
Kirk Franklin,Tramaine Hawkins・・と続々大物アーティストが来日していました。

加えてもう一人、初来日のアーティストが。  

 -Rodoney Posey-


 
Tramaine Hawkinsが来日する...
Tramaineと言えば、2年前に行われたWSが記憶に新しい方もいるはず。
前回、LOVaSからも数名参加しており、その素晴らしい噂を、常々聞いていました。

今回はウィメンズ・カンファレンスの中のゴスペルWS、参加者は女性のみ、200名程度。
比較的に小規模で、終始アットホームな雰囲気で行われました。
場所は、おなじみの聖書キリスト教会。LOVaSからは5名。
その他にも、ファミリークワイアのメンバーが多数参加しました。

どこまでもしなやかに伸びる、美しい高音。繊細で、エアリー。
そうかと思えば、ダイナミックで力強い。
自由自在に操られるその声、何度もうっ~とり聴き入ってしまいます。
この歌声に、一体どのくらいの人たちが癒され、救われて来たのでしょう...

アーティストとしては勿論、女性としてもキラキラ輝いていていました。
その優雅な立ち振る舞い、華やかで女性らしいファッション。
周囲の人を温かい気持ちで、あっと言う間に、まるごと包み込んでしまいます。

kirk
 
爆発に次ぐ爆発。

東京在住のゴスペル歌いならば、この日をどれだけ待ち望んだことか。
泣く子も黙るKirk Franklin!!

9月18日~9月21日の4日間で計8公演。ビルボード東京。
その前にビルボード大阪でも2日間ライブをこなしてきているのだから
心身ともに相当ハードだったはず。
なのに、彼はただの1秒たりとも手を抜くことなく、
全身全霊でTOKYOに愛を投げかけてくれました。

LOVaSからも、実に半数以上のメンバーが
Kirkとの時間を共有しに行ってきました。

 
2009年8月14日、一般的にはお盆休みのまっただ中。ふるさとへ帰省する人も多く、都心もこころなしひっそり。

そんな中、参加したのは、TPW(Thanksgiving,Praise and Worship)による、ゴスペルダンスの総合ワークショップ、Shake Loose!
そのプレイズダンスクラスに、長女(8)と一緒に参加して来ました!
 

 
Donnie McClurkin
彼は、超有名なゴスペルシンガー、そして牧師。
自叙伝にもあるように、もの凄い暗闇を歩んできたひと。
その彼の口から語られる言葉は、ゴスペル観はもちろん
人生観までも変えてしまうものでした。
優しくて、鋭い眼差し。すべてを包み込むような笑顔。深く深くまで響き渡る声。
人と向き合う姿勢、彼の精神。そのすべてが美しく光放っていました。

今回のWS、LOVaSからは、計8名が参加。
もちろん、ファミリークワイアのみなさんも多数参加。
日本中で一番熱い、スペシャルなGWを過ごしました(笑)!!

日程は 5月1日~6日の計6日間。
そのうち、Donnieから直接指導していただけるのは、2日、3日、4日。
会場は、多くのゴスペルWSを開催されている、江古田にある「聖書キリスト教会」。 


終わってしまった、
「In Unity 2009」、ゴッパチコーラス隊。。。!!!

まずはじめに。
ライブに足をお運びくださったみなさま、
本当にありがとうございました!!!

今回、川崎市中原区のホール、 エポックでなかはらで行われたこのイベント。
川崎最強の音楽イベントとして、今年10周年を迎えるそうです。
10周年特別企画、中原区の皆さんを中心とした老若男女、約100人のワークショップクワイアが4日間でゴスペルを学び、ライブのトリを飾る、その名も“ゴッパチコーラス隊”。

その指導を、LOVaSのディレクター、黒田先生が担当し、ソロシンガーとして、宮前ゴスペルクワイアから、後藤美幸さんと嶺脇江里子さんのお二人も参加。私も、そのクワイアの、指揮振る人として、携わらせていただきました。


1週間早いクリスマスプレゼント。

WSから1ヶ月・・。
Byron CageのLiveがビルボード東京で行われました。

待ちに待った・・・恋焦がれた、この日。

WSに一緒に参加した同志とLOVaSのメンバー、計4名でいざ六本木へ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。