LIFT OUR VOICES and SING

GOSPEL CHOIR



真夏の陽射しが照りつける中、同日、2つのお祭りに出演させていただきました!!

歌うだけでも汗ビッショリなのに、短い時間での移動を挟んでのステージ。
40人近い大移動!
みんなサウナにでも入ったかのような様相になりながら、
それでもこのシチュエーションを楽しみながら、参加させていただきました。

いつもお世話になっている三鷹、武蔵野のお祭りだ!
いっぱい、いっぱい盛り上げるぞ!

そんな気持ちの裏には、実は私たちにはもう一つの「テーマ」がありました。
私たちLOVaSと同じ、黒田ディレクターの元で活躍しているRise in Unity。
活動拠点がほぼ同じであるということで、LOVaSのイベントの度に、何かとお手伝いを引き受けてくださる、
頼もしくもありがたい存在です。
このRIUの代表、まーろが、急きょ海外へ行くことに…。

普段お世話になっているというだけではないのです。
LOVaSが立ち上がるきっかけを与えてくれた人。そう言っても過言ではないくらい、LOVaSにとってはかけがえのない人。

今までの沢山の気持ちを込めて、一緒に歌いたい!
私たちは、すぐにRise In Unityとの合同演奏を(勝手に)決めました。
…なんだか、足りない。
またすぐに、そう(勝手に)思いました(笑)
そして、ディレクターを同じくするファミリークワイアにも声をかけさせていただき、こうして
4グループによる、「一緒に楽しく、まーろを追い出そう!!」という裏企画が始まったのです。


まずは、"みたか商工会まつり"。
模擬店や物販のみならず、仮面ライダーまでやって来てしまう、楽しい催しがいっぱいの、
とってもとっても大きなお祭りです。
昨年に引き続いての出演でしたが、本当に多くの人で賑わいます。食べ物も、すごく、おいしそう(笑)!!
特設ステージで、以下の7曲演奏させていただきました。

・Hallelujah: You're Worthy ( Steven A.Taylor )
・Enter In ( Joseph PaceII )
・He's Able ( Kirk Franklin )
・Sing ( Israel Houghton / Cindy Cruse-Ratcliff )
・Your Latter Will Be Greater ( Israel Houghton / Derick W. Thomas )
・Speak To Me ( Kirk Franklin )
・My Life Is In Your Hands( Kirk Franklin )



各グループから、代わる代わるに指揮やソロが立ちます。
立っているだけで汗が流れ落ちるほどの気温さえ、私たちを高揚させ、
地元のお祭りを、まーろの送別を、熱く、楽しく、熱く!盛り上げようと、
みんなの楽しそうな笑顔がどんどん広がっていきました。

ステージの階段を降りると、すぐさま「解散!!」の大声が。
正味30分ほどの時間で、みんな顔を真っ赤にして、今度は自転車で武蔵野市役所まで走り出します。
分刻みスケジュールで、にわか芸能人気分の私たちですが、移動が自転車なあたりが、やっぱり庶民!



滴る汗をぬぐう暇もなく、今度は"むチューふれあいまつり"。
こちらは、ニジマスつかみやカブトムシ採集、なんと馬まで来ていました!
公園でのお祭りなので、緑がよく映える、素敵なステージでした。
トラックの特設ステージに、こぼれ落ちそうなほどの人数で駆け上がり、
飛んだり跳ねたり叫んだりで、こちらは5曲の演奏をさせていただきました。



歌のリズムに合わせて、うちわをバシバシと叩いてくださる方がいて、
ホロ酔いで、両手を広げて踊ってくださるオジサマもいて。
私たちにも、心からの笑顔がこぼれます。
お祭りに来ているみんなが、暑さを忘れて、熱く楽しんでもらえたらいい…!!

そして、演奏のラストは、まーろが指揮に立ちます。
My Life Is In Your Hands。これから先、どんなことが待ち受けていようとも、
きっと乗り越えて行ける。あなたなら大丈夫。やり遂げる。
そんな歌詞を、この時ばかりは、目の前にいるまーろの為だけに歌いました。



隣に立つ、いつもと違うメンバーと、手を取りあって、肩を寄せ合って歌う。
とてもエキサイティングで、心温まる、楽しい時間でした。
宮前ゴスペルクワイアのみなさん、遠くから、ありがとう。
吉祥寺ゴスペルクワイアのみなさん、結成したてで忙しいのに、ありがとう。
Rise In Unityのみなさん、そして、まーろ。一緒に歌えて本当に楽しかった。

とってもとっても暑かったけれど、素晴らしいお天気にしてくださった神さま、ありがとう!!

ステージが終わって、客席にいた知り合いに挨拶に行ったら、ステージを見て下さっていた
見知らぬ方がふうっとやって来て、黙って私に冷たい缶ビールを手渡してくださいました。
びっくりしてしまいましたが、「楽しんでいただけたのかも」と、涙が出るほど嬉しかったです。

素敵な夏の幕開け…!!
(文:やまもと ちまき)

ちまきさま 皆さま

インドに来てもうすぐ半年になろうとしています。

この一日は一生の宝物です。
そしてゴスペルを先生のもとで学び歩んだ年月も宝物であり、続けてこられた幸せを噛みしめています。当たり前のことは何一つなく、感謝で一杯です。

これからもLOVaSさんが、黒田ファミリーの皆さんが、素晴らしいゴスペルを広く発信してくださることを心から願っています。
また一緒に歌わせてくださいね。
よろしくお願いいたします。   

まーろ

2013.01.05 02:51 URL | まーろ #[ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://lovas.blog54.fc2.com/tb.php/316-5bf10b44