LIFT OUR VOICES and SING

GOSPEL CHOIR

DSC_0026_aoba_top.jpg
 
練馬区の住宅街にある、旭出学園。昭和25年に開設された特別支援学校です。
今回、私たちLOVaSは5月21日(土)に行われた第61回「青葉のつどい」に出演いたしました。

少し早めに会場に到着すると、たくさんの関係者の方がお声を掛けてくださり、
みなさんがとても温かくて、私たちの歌を楽しみにしてくださっているのが伝わってきます。
その場にいる誰もが、伸び伸びと安心して過ごせるような、緑に囲まれた素敵な場所。
そんな旭出学園の校庭のグラウンドの一角に、機材を用意していただき歌いました。
この開放感溢れる広いグラウンドで、どんなふうに音が鳴るのか?
私たちの歌がみなさんに、どんなふうに届くのか?
ドキドキしながら、リハーサルへ。フカフカの芝生の上で歌うのは、はじめての経験です。
今回、私たちは、残念ながらフルメンバーでの出演は叶わず、14名での参加となりました。
そこで、宮前ゴスペルクワイア代表の後藤さんが、ヘルプで駆けつけてくださることに。
とても心強かったです。ありがとうございました!


各パート3人ずつくらいで、マイクを囲みながら歌う。
こういったスタイルで歌うことも、じつはLOVaSでは、はじめてだったりもします。
「隣同士よく声を聴き、合わせて!」「よく集中して!」
そんな掛け声が飛び交い、グッと気持ちが引き締まります!
何度かバランスを調整し、いざ本番へ。


 
晴れ渡る青空の中、たくさんの方々が耳を傾けてくださいました。
近くまで来て、体を揺らして、手を叩いて、「ハレルヤー!!」「ハレルヤー!!」と
声を返してくださったり。そして何より、たくさんの素敵な笑顔を向けてくださって。
「上を向いて歩こう」では、たくさんの方々が、口ずさんでくださっているのが見えました。
自然と一緒に声を合わせて、歌ってくださることが、とても嬉しくて。
おひとりおひとりのキラキラした表情を見せて頂きながら、幸せな気持ちで歌いました。


ゴスペルの持つパワーを少しでも感じて、楽しんでいただけたらと思っておりましたが、
実際にたくさんパワーや元気をいただいたのは、私たちの方なのでは...?!
演奏が終わってからも、ひとりひとりに握手とお礼を言ってくださったり。
「もっと聴かせてください」と言ってもらったり...
本当に抱えきれないくらい、たくさんのものをいただいたような気がしています。

人と人との繋がり、出会いを大切にして、これからも歌っていけたら...
今日の日焼けの跡と同じくらい、くっきりと、そして忘れられないステージになりました。

今回、私たちにこのような機会を与えてくださった旭出学園のみなさま。
こころから感謝いたします。ありがとうございました!!
(文:のいり ゆき)



[ PROGRAM ]

・High And Lifted Up ( Joseph Pace II )
・Enter In ( Joe Pace II)
・Holy You Are (Israel Houghton / Cindy Cruse-Ratcliff) 
・Sing ( Israel Houghton / Aaron Lindsey )
・Speak To Me ( Kirk Franklin )
・Pray ( Mary Alessi )
・Highly Exalted ( Cindy Cruse-Ratcliff / Israel Houghton / Aaron Lindsey )
・Hallelujah : You're Worthy ( Steven A.Taylor )













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://lovas.blog54.fc2.com/tb.php/282-8266221a