LIFT OUR VOICES and SING

GOSPEL CHOIR

アトレ看板2
 
5月4日。GWの真っ只中。
新しく出来て間もない吉祥寺駅直結のショッピングモール「アトレ吉祥寺」にて、ファミリークワイアであるRise in Unity+宮前ゴスペルクワイアのミニステージが。
毎年この時期に開催される「吉祥寺音楽祭」にあわせたこのイベントは、この度の震災の為のチャリティーの一環として行われました。

LOVaSからも音響など、カヨコ・サヨコ・マイコがお手伝いとして参加させていただきました。
地下1階の「ゆらぎの広場」。
レンガを模した壁としずかな水の流れ、そしてゆらぐ灯り。ショッピングモールの一角とは思えない雰囲気のある場所です。

1日に時間をあけて3回のステージ。
1回1回を大切に、心を込めて演奏させていただきました。

今回は普段一緒にレッスンを受けて歌っているメンバーとは違います。
そんな中、ディレクターと2つのグループの代表が最高のステージを目指して話し合いを重ね、最善の策を模索してくださいました。

セットリストもその場でどんどん変わっていきます。
さっきのステージのあの感じよかったよね・・あの曲、皆聴いてくれてたね・・このほうが楽しんでもらえるんじゃない?
ステージの合間の短い時間、控え室でディレクターの周りでの会話には、次のステージかける意気込みがあふれていました。
次々出てくるアイデアに誰も「無理」とか「嫌」とか否定的な事は言わず、限られた時間の中で努力を惜しみません。

最初は1日3ステージも大変かな・・なんて思っていましたが、いざ始まってみたらあっという間。
最後の1曲が終わるのが寂しくさえ感じられました。
 
お客さまの顔ぶれも人数も、もちろん毎回変わります。
ソリストである、宮前ゴスペルクワイア代表のMiyukiさん。
自分は想いを上手く言葉にできなかったり発信できなかったりするのですが、そういった気持ちを我々を代表してMCで、歌でたくさん伝えてくださいました。

カヨPA-1アトレTOP-3センセ-1


そしてリハから細心の注意を払って音作りに専念してくれた、音響担当のカヨコ&サヨコ。
囲われたスペースでは無い上、お客さまの入りの具合もその時にならないとわからない・・という難しい状況の中、我々の演奏を最良の形でお客さまに伝えられるように尽力してくれました。

今回のこのステージに託した想い全てを出し切れ、結果、各回ともたくさんのお客さまに足を止めて聞いていただくことが出来ました。
馴染みのLOVaSメンバー、ファミリークワイアのメンバーの顔もたくさん。
ありがとうございました。

センセカヨかずみ客席2


個人的には「上手い演奏」と言われるのもとっても嬉しいし、そう言っていただけるように努力をしていくつもりです。
でも「うん。わかる。」って言ってもらえたり、うなずきながら聞いてもらえたりするのもとても嬉しいです。
今回はそういった意味で、とても心に残るステージになりました。
今日のお客さま、まっすぐこっちを見てくださって、一緒に歌ったり目頭を押さえている方がいたり。
そして募金箱には何よりもありがたい気持ちがたくさん。
皆さんの想いが被災地の方々の希望に変わりますように。

今回は30分の短い時間でしたが、今週末は場所を宮前ゴスペルクワイアの活動拠点である川崎に移し、再び皆さまにゴスペルをお届けする予定です。
今日のこの熱い空気を川崎に届けます!どうぞお楽しみに!
(文:おがわまいこ)













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://lovas.blog54.fc2.com/tb.php/279-176c4dc4