LIFT OUR VOICES and SING

GOSPEL CHOIR


 
去る8月2日、杉並公会堂小ホールで、私たちの三回目のコンサートを開催いたしました。

お越し下さった皆様、ありがとうございました!

おかげさまで、開場して間もなく、満席に・・・!
そのため、ご入場頂けなかったお客さまもいらっしゃいました。
まず、何よりも先に、深くお詫びを申し上げます。

それから、席をお詰め合わせ頂いた皆様、ご協力、本当にありがとうございました!
こころより、お礼を申し上げます。

当日は、数日前の激しい日差しはどこへやら、朝から小雨が降ったり止んだり。
そんな中、朝9時、メンバーが、続々と集まって来ます。

音響のセッティング、照明のセッティング、舞台の配置、それから受付準備、案内の看板制作など・・・。
今回は、音響、照明の半分を自分たちでしなくてはなりません。
開演は14:30。でも、朝から仕事は目白押しです。

たくさんのご協力を仰ぎながら、それぞれの担当が、それぞれの仕事を着々とこなし、無事、リハーサル終了までこぎ着けました。

リハーサルの後はランチ休憩、その直後には、開場の時間が迫ります。
歌詞カードを確認する人、MCの確認をするソリスト、最後まで、指揮の練習と確認をする指揮者。。。
皆が、演奏者として、テンションを高める、大切なひとときです。

そして、開演のベルが鳴り響きます。


1曲目の『He Will Take The Pain Away』。
今回のコンサートで一番伝えたい想いを込めた曲です。
LOVaS代表が、その想いを文章にしたため、プログラムに掲載しました。

He Will Take The Pain Away

体の痛みが突然あなたを襲うこともあれば、
悲しみや絶望があなたの心を襲うこともあります。
誰かのケガの痛みを代わってあげることができないように
残念ながら、誰かの心の傷を本当に理解することはできません。
そんな時。私はあなたの手を握ります。
片方をあなたの肩におき、もう片方の手であなたの手を握ります。
あなたの痛みは、彼が必ず取り去ってくれるから。
彼が必ず、その痛みを取り去ってくれる。
傷は必ずいやされる。
だからそれまでは、ただ黙って、私はあなたの手を握ろう。

He'll take the pain away, I know
He'll take the pain away

「心」と言ってしまうにはあまりにも軽い、もっともっと深い奥底の所で、
私たちの感情が大きく揺さぶられることがあります。
「魂」は、私たちが神さまからもらったプレゼントのような気がします。
ゴスペルとは、この「魂」をわしづかみにして、
激しく揺さぶる力を持っている音楽です。
時には明日を生きるパワーをもらったり、時には背中を優しくさすってもらったり、
時には絶望の中に一筋の光を見出したり。
ほとばしる感情を押しとどめることなく表現できる、素晴らしいパワーを持っています。
本日はご来場くださりありがとうございます。
私たちのゴスペルが、みなさまの「魂」にまでも届きますように。


2曲目からは、雰囲気をガラリと変えて、
テンポの良い曲を、力の限りを込めて、お届けしていきます。 

そして、3曲目の『Sing Over Me』。
「どうぞ、歌い、包み込んで下さい、神様、あなたの救いの歌で・・・!」
と、何度も歌いかける曲。
この曲の間奏部分で、メンバーは、自由に、各々の祈りを歌います。

LOVaSの歌詞翻訳チームによると、この曲のもとになっている聖書の箇所は、
旧約聖書、詩篇の32章7節。

“You are my hiding place; you will protect me from trouble
 and surrund me with songs of deliverance. Selah”
“あなたこそ私にとっての隠れ場。あなたは苦しみから私を守り、
 救いの歌で私を取り囲む。セラ”

この聖句を唱えるものもいれば、あるいは、ピアノや他のメンバーが出す歌声に、音を重ねる人も。

約30人の渾然となった想いが、高く、高く、響き、届け・・・!!


演奏の間には、所々で、ソリストによる、MCがあります。

緊張のためか、インスピレーションか、予定していた内容と全く違うMCをするソリスト。
また、お席を詰めて頂くアナウンスを、急遽入れなければならず、予定通りのMCが出来なくなった一幕もありました。
思わず、メンバーもお客様も爆笑(失笑?)!
でも、よそ行きの顔でなく、あるがままの、いつもの私たちの一面を、少しお見せする事が出来たのではないかと思っています。
そうです、私たちLOVaSは、いつも、笑いの絶えないグループなんです!
 
楽しい時間はあっという間。
予定した9曲の演奏は、瞬く間に終わってしまいました。
舞台袖へ退場してすぐ、何と、アンコールを頂きました!
ありがとうございます!
アンコールには、前回のコンサートでも歌い、
既に歌い終えた9曲と同じように練習を続けて来た曲、“Pray”を。

最後までお聞き下さった皆様、暖かいご声援、拍手を、本当にありがとうございました!

また、皆様にお会い出来る時を楽しみに、LOVaS、進み続けます!
ありがとうございましたーーー!!!

(文:はせがわ かよこ)




[ PROGRAM ]

・He Will Take The Pain Away (Kirk Franklin)
・Sing (Israel Houghton / Aaron Lindsey)
・Sing Over Me (Israel Houghton / Meleasa Houghton / Cindy Cruse-Ratcliff)
・Holy You Are (Israel Houghton / Cindy Cruse-Ratcliff)
・Hallelujah (Israel Houghton / Cindy Cruse-Ratcliff)
・Who Can Satisfy (Dennis Jernigan)
・Lift Your Voice And Sing (Becky Cruse / Cindy Cruse Ratcliff)
・Oh Give Thanks (Judith Christie-McAllister)
・Highly Exalted (Cindy Cruse-Ratcliff / Israel Houghton / Aaron Lindsey)
 - encore -
・Pray (Mary Alessi)













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://lovas.blog54.fc2.com/tb.php/141-c5659f4b