LIFT OUR VOICES and SING

GOSPEL CHOIR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 
降りしきる雨の中、天気とは裏腹に、これから起こることへの期待に胸を膨らませながら、
江古田の教会へ向かいました。
まさか、こんなに素晴らしい5日間を送ることができるとは...

それは、想像を遥かに超えていました。

「Music Arts Japan 2008」。 

米国ゴスペル界の草分け的存在、Edwin Hawkins、Walter Hawkinsが行ってきた、
世界中で知られる栄誉あるゴスペル・カンファレンス
「Music & Arts Love Fellowship Conference」が日本に!! 

今回で27回目を迎える長い歴史を持ち、John P. Kee、Yolanda Adams、
Richard Smallwoodなどがここから巣立ったそうです。 

「Oh Happy Day」の作者、Edwin Hawkins、「Total Praise」のRichard Smallwood。
全米屈指のクワイア・ディレクター、Jonathan Grier。Pastor Calvin Rhone、
Antoin Timmons、Lance Williams...。
来日する講師陣は蒼々たる顔ぶれです。
 
「こんな機会滅多にないよ!」
「行かないと絶対後悔するよ!!」
という仲間の声に後押しされ、ゴスペル初心者の私も、参加を決めました。

LOVaSからの参加者は10名!
私のようにWS初参加のメンバーも何人もいました。
さらに、黒田先生はじめ、ファミリークワイアからも大勢参加。
総勢30名ほど。賑やかなWSになりそうです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。