LIFT OUR VOICES and SING

GOSPEL CHOIR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
by Judith Christie-McAllister
from "Send Judah First" by Judith Christie-McAllister


主に感謝せよ、主は恵みふかく、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。
もろもろの神の神に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。
もろもろの主の主に感謝せよ、そのいつくしみは絶えることがない。
ただひとりおおいなるくすしきみわざをなされる者に感謝せよ、そのいつくしみはとこしえに絶えることがない。(詩篇136より)
スポンサーサイト
by Dennis Jernigan
from "We Speak To Nations" by Lakewood Live

スペイン語の歌詞から始まるこの歌は、静かで優しさあふれる曲調の中に、しみじみと自分の内なる気持ちを見つめているような、そして、慈愛に満ちているような歌です。2人のリードが優しく声を交わせ、私たちの気持ちをゆっくりと上へと上らせてゆきます。私の心をこんなにも満ち足りたものにしてくれるのは、神さまだけなのです。感謝と愛があふれ出し、自然と、人は歌うのかもしれません。
by Cindy Cruse-Ratcliff, Israel Houghton & Aaron Lindsey
from "We Speak To Nations" by Lakewood Live

Sing Hallelujah!!...あふれる感謝を歌に乗せずにはいられない。Lift your voice and sing...まるで私たちのグループ名のような歌です。万物の王である神を讃える歌を、高らかに声をあげて歌おう。この歌にも、途中スペイン語の歌詞が登場します。歌詞の意味は英語の部分と同じですが、複数の国の言葉で訴えかけることによって、神さまを讃える気持ちは世界共通の想いなんだということが、より一層伝わりますね。
by Kirk Franklin
from "The Rebirth Of Kirk Franklin"

私の人生も、愛も、なにもかも全てを捧げます。この歌は、「私」がイエスを信じ、受け容れた瞬間の衝撃を、とてもドラマティックに表現している歌です。あなたが流した血は、私を生かすためのものだったのですね。あなたの恵みとは、こんなにも深いものだったとは。神の愛・イエスの愛を知った今この瞬間から、自分の過去は終わりを告げ、人生は劇的に変わり始めた。私の命も捧げよう。私の愛も捧げよう。私の全てはあなたのもの。
by Israel Houghton & Cindy Cruse Rarcliff
from "Cover The Earth" by Lakewood Live

ハレルヤ。「神を褒めたたえよ」という意味の世界共通語です。挨拶のように頻繁に使われる言葉ですが、この歌の中ではとても力強く、凛々しく、熱く、歌われています。イエスの名がとこしえに世界中で崇められるように。つまり、神への愛と感謝の心で世界が満たされる時が永遠でありますように。ということではないでしょうか。喜びに充ち溢れて生きていることの喜びを「Hallelujah」という言葉に乗せて、私たちは熱く、誇り高く歌います。
by Cindy Cruse-Ratcliff, Israel Houghton & Aaron Lindsey
from "We Speak To Nations" by Lakewood Live

とにかく、ただひたすらに、神を高みに上げよう!という曲です。だって、神は全能で、強大で、情熱にあふれ、驚きに満ちているんだから。こんなに素晴らしい神ですよ?もう、本当に本当に最高なのです!!という気持ちの高まりとともに、曲も転調に転調を繰り返し上がってゆきます…さあ、私たちはその足元に駆け上っていくことができるのでしょうか!?
by Mary Alessi,Martha Munizzi
from "More" by Mary Alessi

『全てを神様にお委ねします、この足りない器をも、み業を現す為に用いてください』(2コリント 4:7)人はちっぽけで、非力です。だからこそ、この身も心も全てを捧げてあなた(神)を慕い、崇拝します。そして、神さまのご計画・すなわち、未来がよりよいものになるために、今自分の持つ何かがお役に立てるのであれば。私はこの身のいかなる部分も差し出しましょう。そんなに壮大なイメージではなくても。あなたの周りに起こるささやかな出来事が、あなたのほんの小さな行いで、大きく変わることもあるかもしれませんね。
by Israel Houghton and Aaron Lindsey
from "The Best Is Yet To Come" by Martha Munizzi

さあ、喜びの歌をかきならそう! 彼らは神への愛を賛美するとき、自分の内に沸き上がる気持ちを抑えたり隠したりはしません。喜びを喜びのままに、幸せを幸せのままに、歌にのせて、リズムに合わせて体いっぱいで歌い踊ります。さあ、あなたも心を解き放ち、口を開いて、両手を高くかかげて、思いの限りで歌いましょう!
by Martha Munizzi
from "Above And Beyond" by Judy Jacobs

あなたがいてくださるから。この場合の「いる」は、どこかにいる。というような生易しいものではありません。「ともに」いてくれるから。です。あなたに何が必要かを知っていて、あなたを導き、時に癒し、そして必ず救ってくれる。そんな素晴らしい存在が、いつでも必ずあなたのそばにいて、見守っていてくれる。その手が離れることは、決してない。そう思ってみると、一人じゃない。という勇気が湧いてきて、心が強くなれるような気がします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。